2006年04月06日

予期せぬ残業で 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

二週間のうちの二日間、と思うと結構ダメージがある気もするが、半年間のうちの二日間と思えなくもない。まあ、考え方次第なので、これは残り少ない後日に取り返す。

平日の2時間は、ほぼ、20時から22時の2時間を充てている。最近は、駅の構内のコーヒーショップなので、列車の定刻までギリギリ粘れる。2時間の遅れは、2日に分けて1時間ずつ延長するという手もある。また、電車の中の居眠りの時間を充てることもできる。要するに、「差異」の認識と「対策」ということだ。

現実には、この2時間がどうということはないだろう。そういう短期の対策は、試験の対策にはなっても、セキュリティ技術者としての見識にたいした影響はない。

何度も経験したことだが、本試験では「見たこともない問題」に出会うことがよくある。それでも、解答の方向性を見出し、知識を適用して、設問に相応しい文章にまとめられるのは、「現場対応力」つまり、試験会場で必要とされることというより、本当にセキュリティのスキルが必要な場面だと思う。

見識の習得は、テキストを読むとか問題を解くとか、それを超えたところにあるように思う。
posted by tamaso at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。