2006年04月05日

今日は休む 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

今日は診断協会の研究会などいろいろで、時間の捻出はできず。それよりも、飲んでて勉強ができるわけもない。

平日は2時間、土曜日は8時間、日曜は7時間、これで週に25時間ということになる。平日といえども時間は大切な資源だと言える。無駄にはできない。

時間が押したときは、どうしても寝る時間に負荷がかかるのだが、これは「借金」のようなもので、翌日には「利子」がつく。つまり、勉強の効率が落ちるのだ。眠いと集中力が足りなくなり、特に「読む」力が極端に落ちてくる。書くための意欲もはっきりと減退が実感できる。

時間とか、睡眠とか、また、いろいろな予定のコントロールは、それなりに精神力が必要となるのだが、そのためには「目標設定」がとても重要だと思う。いつまでに、どれだけやるか、これをきちんと(数値として)設定しておくことで、現在の進捗状態や差異が明確になる。

勉強が進んでいないと、なんとなく焦ったり、いらいらしたり、場合によっては諦めたりするものだが、これは目標設定が曖昧だからだと思う。思うように進捗していない「らしい」が、どれぐらいの遅れかが分からないと、頑張る目安が見えないからだ。プロジェクト・マネジメントの基本でもある。

本試験が、最後の5分の差で合否を分けるように、これからの10日間の使い方が合否を分ける場合もある。最後の最後、試験会場に向かう電車で読んだ問題で助かることもあるのだ。
posted by tamaso at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
結果からの逆算ですよね。
そして、追跡能力。
うんうん
Posted by Tommy at 2006年04月06日 22:22
はじめまして。私は今年、社会人になったばかりの者です。最近は何かと忙しくて勉強時間を作るのが大変ですが、tamasoさんのブログが大変励みになっています。tamasoさんもお忙しいでしょうが頑張ってください。
Posted by A.W at 2006年04月06日 22:38
Tommyさん
コメント、ありがとうございます。
基本的な動作でありますが、こういうことをちゃんと教えるという仕組みは、案外、会社にも学校にもなかったりします。結局、先輩から見よう見まねで憶えるのは、言い訳のやり方、だったりします。

A.Wさん
忙しい、というのは、ある種の「混乱状態」です。やるべきことの優先順位が見えていないとか、ゴールが見えていないとか、そういう状態です。いくら仕事が山積みされていても、目標と順位がわかっていれば、必ず片付くものです。ただし、気持ちで負けずに「やる」というとこが前提ですが。
Posted by tamaso at 2006年04月07日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16200183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。