2006年03月15日

全体的なことと、微細なこと 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

セキュリティ技術の担当者、あるいは開発部門のセキュリティ担当者かもしれないが、試験の出題範囲をすべて、知識・スキルとして備えている必要があるかどうか、これは一概には言えない。医者で言えば、専門医という立場もありうる。

が、セキュリティが厄介なのは、医者は症状に対する対応で間に合うのだが(もちろん、予防を指導することも大切)、セキュリティは事象が発生すること事態が問題になるからだ。

つまり、守りは万全、という体勢をとる必要がある。従って、セキュリティを任されると、全体の構成から理解し、リスクをあぶりだして対策しなくてはならないわけである。しかも、わずかな「穴」も危険になる。

セキュリティに関する試験は、ある意味、他の情報処理技術者試験とは異なり、単なるソリューションを解答とするだけで済まないのかも知れない。出題は、その性質上、微細な部分に触れたり、ある部分にフォーカスした形になるだろうが、セキュリティの「守り」と同様、受験対策も「万全の守り」をしなくてはならない、というかなりタフな対策が必要なのだろう。
posted by tamaso at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14877161

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。