2006年03月08日

受験勉強期間のモチベーションについて テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

まあさんのコメントに答える形で投稿したい。

まず、自分自身のモチベーションについて。もともと、販売士試験には会社のサポートもあり、多くの仲間と勉強をすることができたこともあり、合格できた。これがきっかけとなり、情報処理技術者試験だけでなく、かなりの数の試験を受けることに、心理的な抵抗がなくなり、加えて、「面白い」というプラスの要因が働くことになった。

中でも、中小企業診断士は、難関ではあったが、「同じ苦労をするなら、繰り返すのはやめよう。一発で合格できるよう、自分自身を追い込もう」という気持ちで取り組むことができた。その結果、試験というものは、人による適性はあるが、勉強にかけた時間と勉強の効率で合格レベルにスキルを高めることができる、という実感を得た。何度も受験を重ねるうち、より合理的な方法や工夫をする面白さも感じることができるようにもなった。

ただ、前回のシステムアナリスト試験では、仕上げが少し早くなり、本試験までの間に「飽きる」期間ができたようにも思う。今回は、いまだに未完成のため、また、試験の内容が見えにくいため、どうやらその懸念もないだろう。

勉強の中身がだらだらとなるときは、おそらく、かけた力が知識・スキルの習得に直結せず、パワーが空回りしているときだろう。やり方を変えたり、環境を変えたり、そういうことで「かかり」がよくなるかもしれない。

午後の試験は、過去の例で言えば合否のぎりぎりのスコアラインの近くに最も多くの人が集中している。後一歩、もう一息、その差が合否を分けるというわけだ。そういう苦い経験もある。が、経験は次に活かせばいい。要するに、もう一息、半年の努力を最後の五分の諦めで無駄にしない、ということである。
posted by tamaso at 23:26| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご回答ありがとうございます。
・本試験までの間に「飽きる」期間ができたようにも思う。
これに関しては、セキュアドと重複する部分が多いために、そう言われればそうだなと感じます。

・試験の内容が見えにくいため、どうやらその懸念もないだろう。
この部分が、セキュアド合格で多少余裕があり、「まあ、同じようなものだろう!」という気持ちと、「何が出るか分からないし、言語も要るかも... すべて出来ない!」と投げやり気味の気持ちが交錯しています。

もう一度、セキュアドを受けたときの事を思い出して基本に忠実に勉強していくしかないですね。

会社の仲間の件については、今回何人か春試験で受験します。
一緒に頑張れると思っていたのですが、早い段階で挫折しているようです。それがかえって私のモチベーション低下に拍車をかけています。

仲間を選ぶのも考えものですね。
Posted by まあ at 2006年03月09日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14468169

この記事へのトラックバック

情報処理試験 受験票キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
Excerpt: 受験票来ちゃいました。。。 昨日(3月30日)発送だそうです。 今日届かない人は、明日にも到着すると思います。 4月3日までに到着しない場合は、要問い合わせです。 ⇒ 問合せ先(公式..
Weblog: 気が向いたものを寄せ集めブログ
Tracked: 2006-03-31 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。