2006年03月08日

2時間の長さの実感はまだ 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

2時間の試験、昨年秋もその前の春も秋も、確かに受験はした。実際には、小論文だから今度の午後2問題は、平成14年の情報セキュリティアドミニストレータ試験以来だ。

出題される問題の形式は、与件が10ページ程度。これだけでもかなりな量だ。設問は4問ほどか、各設問は2〜3問程度の問題が提示されるだろう。中小企業診断士・二次試験は80分、これを一日で4回行うが、文字数は情報処理技術者試験よりは少ない。難易度はともかくとして、いろいろな試験の中でも、最も量の多い問題のひとつが、情報処理技術者試験の午後2だといえる。

テキストを読むのとは要領が異なる。要するに、与件の中のポイントを見つけ出すこと。それと、与件には書かれていないが、与件の内容を踏まえて、最適な解決策を考えたり、問題点・理由などを経験に照らして解答する。つまり、知識に加えて「勘所」がつかめているかどうかで、解答までの効率が大きく異なるということになる。それと、集中力だ。

経験は今から積むわけにはいかない。前にも書いたように問題集をこなすことが良いだろう。それと、集中力。これは、問題になれることで解決できそうだ。中小企業診断士・二次試験対策では、80分の試験を50〜80問ぐらいはこなしたのだから、多分可能なはずだ。

ということで、それと同様のことをもう少し減らして行うことにする。
posted by tamaso at 01:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 受験技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。
十数年前に第1種を取得し、昨年秋に久々にセキュアドを取って、今回引き続き情報セキュリティに挑戦します。

tamasoさんは、たくさんの資格をお持ちなのでお聞きしたいのですが、一度合格すると安心してしまいモチベーションの維持が大変ではないでしょうか?

今回ラスト1ヶ月になってもだらだら勉強するだけで今ひとつ盛り上がりません。

午後の問題をやっていて、最後のもう一押しが合否を左右する部分点になるのも分かっているのに...
どの傾向の問題が出るか判断しにくいのも一因かもしれませんね。
Posted by まあ at 2006年03月08日 09:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14400721

この記事へのトラックバック

◆テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)勉強 3月8日
Excerpt: 3月8日勉強予定記録です。 ◆試験名:情報処理技術者試験        テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) ◆3月8日 -----------------------------..
Weblog: ◆あなたは英語が話せますか? 〜 Can You Speak English?〜
Tracked: 2006-03-08 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。