2006年03月05日

午後2問題を久々にやってみる 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

午後2問題は、3問あるうちの1問だけを選び、2時間以内で答案を完成させなくてはならない。

普段の勉強は、概ね1時間単位を2セット、2時間単位を基準に行っている。2時間もあると結構な量をこなせる。軽いビジネス書なら1冊読み終える時間だ。かなり長い時間だと言えるが、休憩を挟まないと、2時間連続して集中するのはなかなか難しい。

今日、久々に午後2問題に取り組んだ。設問が4問、解説も参照しながら解答してみたが、途中で集中力が切れた。体調も関係すると思うのだが、本試験ではそうも言っていられない。とりあえず、受験対策のときは、「興味の持続」がポイントだと思う。言い換えれば「飽きない」ということなのだが、知っていることと、知らなかったことが、半分ずつぐらいがちょうど良さそうだ。

今日の敗因は、知らないことの割合が多すぎた。もう少しインプットして、再チャレンジということにする。
posted by tamaso at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は知識を得るためにシスアドの教本を読んでいます。
驚きと発見に満ちた本であります。
これなら受験するのもいいかもしれないと思う次第です。
Posted by 35式 at 2006年03月05日 23:20
シスアドの、特に午後の試験は、課題を整理し、単純化して、シンプルな方法論に変換するという問題が出題されることがあります。
本試験の、常とは異なる精神状態で、この慣れない問題に出くわすと、かなり苦労することもあります。ある意味、危機管理の訓練になると言えなくもないかもしれません。
Posted by tamaso at 2006年03月08日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。