2006年02月27日

久々に、まとまった時間を使う 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

昨夜は少しだけ早く寝て、寝不足の利息分ぐらいは返した気分だ。まとまって2時間、うち、1時間強を午後問題対策に充てることができた。

3問を解いたが、ほとんどが無線LANと認証に関する問題だった。確かに、この領域が一番問題にしやすいのだろう。基本は、プロトコルと規格、認証・暗号化の仕組みだ。午後問題の対策をするなら、ここは外せない。体で覚えるぐらいにしておいてもいいだろう。

さて、難易度だが、仕組みの部分はそう複雑ではない。公開鍵を基本に、暗号化と認証とでは鍵の使い方が異なるが、その違いをよく覚えておく。加えて、チャレンジ・レスポンス方式の仕組みも頭に入れておく必要があるだろう。仕組みは、こんなものでよさそうだ。一方、プロトコルは、いくらでも難易度を上げることができる領域だ。知識は、幅と深さの両面でマスターする必要があるが、難しくするには、より深くするとかあまり使わない領域まで出題することで可能になる。

実際には、どのレベルが出題されるかはなかなか予測が難しい。とりあえず、問題集の内容はクリアしておくようにする。
posted by tamaso at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13890429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。