2006年02月13日

システムの運用(午前対策) 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

今日も午前の問題に取り組む。約1時間かけて、システム運用に関する分野を片付けた。

システムの運用は、セキュリティでいうと主に「可用性」にかかわる部分にあたる。障害のあったときの対応だけでなく、システムの冗長性を高めたり二重化して障害に備えるとか、保守の方法論など、多様な内容である。

エンジニアとしては、障害に備えるというのが基本で、それも、一般論というより実践的な技術・設計の適用ができるかどうか、である。また、障害が「事故」あるいは「悪意」によって発生するという場面での対応も、問題として想定できそうだ。単に、障害を回復させるだけでなく、正しい手順と、原因と対策を考えるという発想が必要だ。

午前の問題には、午後問題の要素が多数あるように思われる。
posted by tamaso at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13249259

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。