2006年02月09日

午前問題でバグ出し 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

午前問題に久々に取り組む。これで一応一回りした。苦手な分野と、問題ない分野が割とはっきりしたのは収穫だ。

今回判明した苦手な分野は、OSに対する攻撃と脆弱性に関する知識、TCP、UDPの仕組みを使ったDOS攻撃の仕組み、それから、ISOなどの基準・標準と法律などとの関係だ。

特に、知識が欠落していると思われる部分は、再度テキストでインプットをする必要がある。インプットが完了したら、午前問題をもう一回りさせる。次の土曜日で完了させるのが理想だ。

一通り、問題にあたってみて感じたのは、問題集の「網羅性」。一度、通信教育でシステム監査にチャレンジしたことがあるが、このときは模擬試験が古く、本試験の範囲を網羅できていなかった。午前問題は深さよりも広さが問われるが、問題集にカバーしていない部分があると、その部分はリスクになる。それを知る手段はあまりないが、100%信頼するには根拠が薄い。

今はそのスタンスでいいと思うが、期限が迫れば、切り捨てることも考える。
posted by tamaso at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。