2006年01月12日

申し込みは、月曜日 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験

1月16日、春の試験の受付が始まる。いつものことながら、早めに申し込んで、「覚悟」を決めるつもりだ。

本試験までに、準備を終えておくというのは、ある種のプロジェクト管理のようなものだ。期日と目標がセットで存在していて、現在の状態との差異を計画的に埋める、という感じで勉強をする。3カ月は、期間としては長くはないが、足りないという期間でもない。従って、きちんと管理ができれば、準備は間に合うだろうし、管理が甘かったり、方法や読みに誤りがあれば、間に合わない、ことになるだろう。

その「差異」であるが、分かりやすいのは、実際に問題を解いてみることだろう。午前の目標は8割以上。午後なら解答の丸暗記ではなく、自分の言葉で外さずに(このチェックは難しいかもしれない)書く。特に、午後の試験は、時間内に書けるというのもチェックしておく。本試験では、迷っている時間はあまりない。時間感覚にズレがあると、最後まで解けないという事態も起こりうる。

どの時点で、どのレベルまで到達しておくべきか、大体の目安をつけておくと3カ月間、焦らずそれでも集中して取り組めると思う。
posted by tamaso at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も受けるつもりですが、『ソフトウェア開発技術者』か
『テクニカルエンジニア(データベース)』にしようか迷っています。。。
転職のめどはつきましたが。。。
こちらのブログはアフリエイトができそうですね。
こちらのブログもリンクを貼らせていただきます。
Posted by 3本橋のmaah at 2006年01月15日 18:43
いらっしゃいませ。
転職のメドがついたそうで、おめでとうございます。よかったですね!
それと、リンクの件、ありがとうございます。こちらでもリンクさせていただきます。
Posted by tamaso at 2006年01月15日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。