2006年03月03日

30分という単位 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

午後1試験の持ち時間は90分。3問を解答しなくてはならない。実は、ほとんど時間がない。

既に受験の経験があれば分かることだが、1問、といっても設問が4問ほどあるのだが、について30分以内、現実には25分以内で解く必要がある。時間切れで空白を作ると、ダメージは予想外に大きいからだ。

基本的なスタンスとして、午後の試験では空白、つまり答が何も書いていない解答欄を作ってはいけない。そうするぐらいなら、多少の不備があってもすべて埋めたほうがいい。

さて、そうなると30分は本当に短いと感じることになる。時間が足りなくなるケースは、大抵の場合、難問に時間を取られ、後の問題にかかれなかった、というケースだろう。従って、作戦としては、設問はまず一通り目を通す方が良い。解けるものから手をつける。解きながらでも、他の設問の解答は多少は考えられる。時間をうまく使わなくてはならない。

設問を読み、それから問題文(与件と呼ぶ)を読むのだが、設問を読んでいれば与件を読む前になんとなく与件の内容が予測できるし、ポイントも見つけやすくなる。それは、結局、時間の節約になるということなのだ。

今の時期は、まだ時間をかけてでも午後の問題はちゃんと読んで、ちゃんと解くようにすればいい。仕上げの段階では、25分で仕上げる、この目標は重要だ。
posted by tamaso at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 受験技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。