2006年01月09日

スキルは積み上げるしかない 〜 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験対策

合格点だけをなんとかしたいのなら、過去問を繰り返し数多く解くということでも何とかなるかもしれない。ある程度、基礎知識があれば、必要なものは実践適応力というか、試験会場での現場対応力ということになる。

現実には、このテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験を見ると、「情報セキュリティ」という視点で、システムを横断的に扱うことになるから、すでにそういうい職場で仕事をしてる場合を除くと(そういう職場であっても、たいていの場合は)全体的な基礎知識がもともと足りていることは少ないだろう。

スキルとは「技能」であるから、いきなり高度な技能を手に入れるということは難しい。英語では既に抜群のスキルがあっても、スペイン語を学ぼうとすれば、まずは発音やアルファベット、挨拶のフレーズから、ということになる。同じように、プログラミングやネットワーク、データベースはもちろん、運営や保守ができるばあいでも開発や構築では勝手が違うし、人的な管理とシステムの管理では考え方も適用する技術も違う。ないものは、基本から積み上げるしかない。

ただし、システムの場合でも、共通の知識・スキルもある。スペイン語は初めてでも、イタリア語やポルトガル語の素養があれば、より短期間で習得できるように。

おそらく、問題集がそろそろ出てくるタイミングだ。明らかに不足している知識・スキルは、今すぐにでも補強して良いが、それが分からない場合は問題を解くことで知ることもできる。あとは時間との勝負になる。
posted by tamaso at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。