2005年12月07日

ようやく「らしく」なってきた、Javaの勉強 でも、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)らしくはない

来週末の研究会で発表する「ブランド戦略」のネタの仕込みがあり、今日のテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)対策の勉強は1時間ほど。しかも、セキュリティではなく、プログラミングのほう。

ようやくクラスとかメソッドなどが言葉として理解できてきた、という状態で、果たして試験に間に合うのかどうか。少なくとも、試験の範囲はプログラミングなどは、ほんの一部分だ。とはいえ、乗りかかった船、入門書は一冊分、最後までは付き合うつもりだ。

今日、片付けたのは、オーバーロード、静的変数・メソッドなど、それに関数ぐらいか。このあとにはまだもう少しJavaらしい用語とテクニックがあるようだ。なんとか、週末までに仕上げて、セキュリティは一気に済ませたい。

年内にPerlまで仕上がれば、まあいいという感じだが、それでもやや遅れ気味ではある。情報セキュリティアドミニストレータ試験の時も、結局、最後に追い込んだような気もする。
posted by tamaso at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)対策は、Javaの学習効果が少しあり

今日は、マーケティング講座があり、腰をすえた勉強はできず。テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)対策としては、セキュアプログラミングに偏りすぎの感はあるが、受験対策の正念場ということで何とかしのぎたい。情報セキュリティアドミニストレータ試験の受験のときも、基準とか法律とか、マネジメント関連に苦労したことがあった。

さて、引き続きJavaには違いないが、今日はテキストをざっと通して眺める感じで読んだ。少しは入門書の効果があったと見えて、以前より理解できる部分が増えていた。実際の受験対策としては、こんなものでは足りないのだが、意味がないわけではない。

勉強を続けていると、ダレる頃がある。脳が飽きてくるのかもしれない。そういうときは、例えば、やや簡単な問題に取り組んでみるとか、以前は手強いと感じた項目を読み直してみるといい。少なくとも、勉強を続けていれば、以前より理解度が進んでいるはずだ。前に見たときよりは、やさしく感じる。その「気分」が大切で、これがまた続けるための刺激になる。

情報セキュリティは、守備範囲が広いので、なかなか捗った気がしないので、こういうことで進捗を実感するというのも良いと思う。
posted by tamaso at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。