2005年10月14日

情報処理技術者試験 午前・午後対策の勉強法(テクニカルエンジニア編) (3)

引き続き、午後U対策の話。

作文の技術、というか、「書く」ことに慣れてきたら、内容についても考慮することになる。とにかく、試験本番は、原稿用紙に書かれてある文章のみが評価の対象であり、内容が試験の要件に合致しているかどうか、それのみが試されるといっていい。

「問」で提示されている内容を書くことは当然であるが、もう一歩、踏み込む必要はある。採点者も人である以上、退屈な文章や読みにくい(文字も含めて)文章は読んでいても集中できないし、そうなると、採点も厳しくなってしまう。

なかなか面白い文章を書くということもできないのだが、読みたくなる文章というものは確かにある。それは、問題解決のプロセスであり、それこそが「工夫」したり「障害に苦労」したりという部分である。システム導入に対する現場の激しい抵抗、限られた時間とコスト、移行困難な古いデータやシステム、など、これらが物語のスパイスとして、文章を読ませるものにする。

過去問を読み、丸暗記するのではなくて、そういう「仕掛け」に注目して、自分自身の経験に照らすということも、実は必要だと思う。
posted by tamaso at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 受験技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。