2005年10月08日

情報セキュリティ 午前の試験区分

情報セキュリティがテーマの試験ではあるが、当然、「アドミニストレータ」と「テクニカルエンジニア」では、守備範囲が違う。従って、知識を試す「午前」の試験区分も少し異なる。

以下は、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の試験区分で、UはVよりやさしい、という意味である。Tはないので、それなりに知識レベルは必要らしい。

コンピュータシステム U
システムの開発と運用 U
ネットワーク技術   V
データベース技術   U
セキュリティと標準化 V

ざっとみて、ネットワークとセキュリティが高度。これは当然で、あとはやや高度、ただし、ここには、以下の区分は含まれていない。つまり試験には出ない。

コンピュータ科学基礎、情報化と経営、監査

さて、この内容は何に近いか、というと、実はセキュリティよりもテクニカルエンジニア(ネットワーク)である。ネットワークに「データベース技術」を足すと、ほぼ午前は同じ内容になる。午前の受験対策を過去問で済ませるのなら、ネットワークの問題集で間に合いそうだ。
で、データベース技術は何と同等かというと、「ソフト開発技術」か「システム管理」。なるべくまんべんなく勉強するのなら、こちらは「ソフト開発」でおさえておくと間に合う。

というわけで、秋は受験しない、ということなら、今からでも準備は始められるわけだ。
posted by tamaso at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。